歯医者によって治療費に差がある不思議を徹底解剖!

歯科治療費に関するお悩み解決をサポートします

歯科治療費への不安が歯医者へ行きにくくしている

歯科治療には、保険と自費があります。 どちらの方法で治療を受けるかによって、かかる費用に大きな差が生まれます。 歯科治療費について知るには、保険診療と自費診療それぞれで受けられる治療内容や、それぞれのメリット・デメリットについて押さえておくことが大切です。

保険診療と自費診療ってどう違うの?

あなたは歯医者が好きですか?
この問いに大多数の方がいいえと答えるのではないでしょうか。

2014年に行われたある調査では「痛みを感じているのに歯医者で治療せずそのまま放置しているところがある」という質問に「ある」と答えた人が29.0%でした。
その理由について聞いたところ、通院する時間がないこと、治療自体が苦手なこと、そして治療費がいくらかかるのかが心配なことが挙げられました。
また、国民生活センターに寄せられる歯の治療への不満や相談の件数も年々増加しています。
相談内容で多いのが施術の不良についてと治療費に関するものでした。

このように、多くの方が歯科治療費に対して不安を感じており、そのせいで歯医者に通いづらくなっていると考えられます。

歯医者で行われる治療には、保険がきく保険診療と保険がきかない自費診療があります。
通常、保険診療と自費診療を組み合わせる混合診療は、日本の健康保険制度では認められていないのですが、歯科治療に関しては特別にこの混合診療が許されています。
このことが、さらに歯科治療費の分かりにくさを助長していると言えます。
また、同じ治療内容でも歯医者によって治療費に差があるということを聞いたことはないでしょうか?
これも混合診療が原因となっています。

歯科治療費について理解して頂くため、このサイトではまず保険診療と自費診療がどのようなものかをご説明していきます。
そして、歯科治療費を複雑にしている混合診療についてもご説明します。
あわせて、混合診療によってどうして歯医者間で治療費の差異が生じているのかもまとめました。
最後に、歯科治療費をできるだけかけないためにできる対策についてご紹介します。

混合診療について知ることが、治療費への不安解消につながる

同じ治療を受けても、歯医者ごとに治療費に差があることをご存知でしょうか? これは歯科治療にのみ、保険診療と自費診療を組み合わせる混合診療が認められているからです。 では混合診療というのは、具体的にどのような治療のことなのでしょうか。 歯医者で最もポピュラーな虫歯治療を例にご説明します。

歯科治療費を抑えるには、ぜひ予防歯科を!

生涯でかかるかもしれない歯科治療費を抑える効果的な方法があります。 それは予防歯科に力を入れることです。 ここでは、歯医者で行う予防歯科の内容についてご紹介します。 また、ご自宅で行うセルフケアも予防歯科では重要です。 セルフケアの正しい方法についても押さえておきましょう。