歯医者によって治療費に差がある不思議を徹底解剖!

歯科治療費に関するお悩み解決をサポートします

>

歯科治療費への不安が歯医者へ行きにくくしている

保険診療でできること

保険診療とは、公的な医療保険が適用される治療のことです。
使用できる歯科材料、薬、処置方法が細かく決められており、治療費はその処置内容ごとに決まっている保険点数で算出されます。
患者はその治療費の一部(1~3割)を負担します。

保険診療で行なえる歯科治療の代表的なものをご紹介しましょう。
まず、充てんがあります。
初期虫歯を削り、白い詰め物をして歯を元通りにする方法です。
次に、鋳造歯冠修復です。
中度の虫歯を削り、型取りして作成した銀色の詰め物をして、歯を元通りにする方法です。
ブリッジという方法もあります。
こちらは、なくなった歯の前後の歯を削り、それを土台にして人工の歯で橋をかけるような形にしたかぶせ物のことです。

保険診療のメリットは、治療費の安さです。
しかし、使用できる歯科材料や処置方法に制限があるため、場合によっては患者にとってベストな治療が受けられないというデメリットもあります。

自費診療でさらに細かな歯のケアを

自費診療とは、公的な医療保険が適用されない治療のことです。
そのため治療費は全額自己負担となります。

自費診療となるものには以下のものがあります。
まず、インプラントです。
これは歯の無い部分に人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯をつける処置方法です。
次に歯列矯正があります。
器具を歯に装着し、歯の位置を動かすことで、歯並びや噛み合わせを治します。
また、歯を白くするホワイトニングや、セラミックで歯の色や形を整える等の審美歯科も自費診療となります。

自費診療は保険診療と違い、歯科材料や処置方法に制限がないため、さらにきめ細やかな歯のケアを行えるというメリットがあります。
しかし、全額自己負担になるため治療費が高額になるというデメリットも。


この記事をシェアする