歯医者によって治療費に差がある不思議を徹底解剖!

歯科治療費に関するお悩み解決をサポートします

>

混合診療について知ることが、治療費への不安解消につながる

混合診療について知ろう

歯科治療費がどのくらいかかるか予想しづらい原因は、保険診療と自費診療を組み合わせる混合診療にあります。
歯科治療においては、歯を削った後や抜歯の後の処置に限り患者の希望があれば保険診療から自費診療に移行できるからです。

保険診療から自費診療に移行するというのはどういうことなのか、虫歯治療を例にとってみてみましょう。
まず、虫歯がある箇所を削ります。
それから削った箇所に詰め物をしたりかぶせ物をするのですが、どんな詰め物やかぶせ物を選ぶかで保険診療になるか自費診療になるか分かれます。
保険診療で使用できる詰め物・かぶせ物は、白いプラスチックのものと合金でできた銀色のものの2種類です。
しかしこの2種類は変色や劣化などの心配もあるため、さらに強度のある強化プラシックやセラミックが自費診療で選択可能となっており、どれを選ぶかは患者本人に委ねられます。

歯医者ごとに治療費が異なるのはなぜ?

たまたま前回とは違う歯医者に行った際、同じ治療を受けたのに治療費が違ったという経験をされた方もいるのではないでしょうか。
これも先述した混合診療が原因で起こっています。

自費診療は保険診療のように価格が決まっておらず、歯医者が独自で設定しています。
そのため、保険診療だけであればどの歯医者で治療しても全く同じ金額ですが、途中で自費診療に移行するとそこで金額に差が生じてきます。

保険診療から自費診療へ移行するかは、歯科医師が決定するのではなく、あくまで患者本人が決定します。
しかしそれぞれの特徴を理解していないと、決断するのはなかなか難しいものです。
だからこそ、歯医者に行く前に保険診療と自費診療について理解しておくことが大切なのです。


この記事をシェアする