歯医者によって治療費に差がある不思議を徹底解剖!

歯科治療費に関するお悩み解決をサポートします

>

歯科治療費を抑えるには、ぜひ予防歯科を!

歯医者さんでできる予防とは

予防歯科というのは、問題が起こってから治療を行うのではなく予防を主に行うことです。
これまで日本ではあまり定着していませんでしたが、近年その重要性が注目され始め歯医者でも積極的に推進されています。
では、具体的にはどのようなものなのでしょうか?

まず、歯や歯ぐきの状態をチェックしたり、口腔内の細菌数を計測する口腔内検査があります。
そしてその結果を元に、その人に合った歯磨き指導が行われます。
さらに、普段の歯磨きでは落としきれない歯垢を取り除くため、専用機器を使用した歯のクリーニングや虫歯予防に効果があると言われているフッ素の塗布なども行われます。

このような歯医者でのケアを3~4か月に一度、定期的に行うことが虫歯予防に効果があると言われています。
もちろん上記のケアを受けるのにも費用はかかりますが、将来かかるかもしれない治療費を抑えるためにはとても意味のあることです。

セルフケアも大切!

予防歯科において、歯医者で行うプロのケアだけではなく、ご自宅で行うセルフケアもとても重要です。
歯医者で歯のクリーニングを受けたとしても、日頃の歯磨きをおろそかにしているときれいな状態を維持することができないからです。

まず大切なのは、歯医者で指導された正しい歯磨き方法を守ることです。
それに加えて、歯ブラシだけでは取り切れない歯と歯の間の汚れを取るためにデンタルフロスを併用することをおすすめします。

また、最近ではフッ素配合の歯磨き粉も多く販売されていますので、ぜひ使用しましょう。
歯磨き粉に含まれているフッ素は、歯磨き後も口腔内に残り作用し続けます。
そのため、いかに長くフッ素を口腔内に残せるかが重要なポイントになるので、歯磨きをする際は年齢に応じた適切な量の歯磨き粉を使用すること、じっくり3分間は磨くこと、そしてすすぐ際は少量の水で1回程度にとどめることを意識しましょう。


この記事をシェアする